楽しい買取 楽しい買取 楽しい買取

ダイヤ買取で知っておきたいあれこれ

image

ダイヤモンドというのは石そのものに価値があるものです。たいていは、ネックレスやブレスレットやピアスなどについているもので、アクセサリーと一体になっているものが多いでしょう。ダイヤのアクセサリーにはブランドものとノーブランドのものがあり、ノーブランドのものであってもダイヤ自体に価値があるので、ダイヤのアクセサリーは高価買取されるものとなります。

そしてブランドもののアクセサリーにダイヤモンドがあしらわれているものであれば、ブランド物の価値もプラスした価格になることでしょう。基本的には、ある程度の大きさのあるダイヤならばきちんと、価格は付くと思ってください。ダイヤの価値は使用されているダイヤの品質、重さ、色、透明度、加工技術によってきめられてます。カラット、カラー、クラリティ、カットというのが合わさり、これをダイヤの4Cともいわれています。アクセサリーの場合は、ブランド品かどうか、デザインやサイズ、イニシャルの有無なども査定基準になってくるようです。

ダイヤの買取強化!他店とは買取価格が違います!高価買取の専門店はこちら!

これらは、鑑定人が査定するものですが、鑑定人の見る目によっては若干左右してくることがあります。もし、ダイヤ購入時に鑑定書があれば、それを買取の際に持ち込むことによって、その鑑定書をもとにダイヤの査定を行ってくれることでしょう。ダイヤの鑑定機関として、GIAやCGLなどは信用できる機関ですので、鑑定人もこの鑑定書を信用して査定してくれることでしょう。しかし古い鑑定書ですと、鑑定基準が変わってきたので効力がないこともあります。きちんとした査定を受けたいのなら、鑑定機関に依頼するという手もあります。ダイヤモンドにはクラリティという基準があります。これは輝きを表すものになっており、輝きが良いほど査定額も上がります。

しかし、ダイヤの輝きは皮脂がつくことによって失われ、曇ることもあります。この曇りを見破れない鑑定人もいますので、鑑定に持ち込む前にダイヤの曇りはしっかりと磨くようにしましょう。